きちんとやりたい。

40代バツイチ、ニラタマ子。お婆ちゃんになる前に海外移住するのが夢です。

(恋愛編)不満リスト・・・からの振り返り。

こんな事を数えても、1円の得にもならないのわかってるのですけど、「数えたい」というよりも「吐きだしたい」という気持ちが強いので書きます。

 

①合鍵問題

付き合いだしてすぐの頃に、合鍵を渡したことを後悔。やはり鍵を渡すとあまり良い事はないと言うのが本音の結論。ぶっちゃけると、私が仕事で居ない時に、トイレを使うために入られたりするのがイヤ。うちは公衆トイレじゃないんだよって思う。

 

②休日問題

基本的に休日が合わないのだけどそれが不満なのではなく、私が休日だと仕事中の彼氏が頻繁に電話してきたり家に来て休憩したりする。(彼は基本的に外回りの仕事)

これは非常にストレス。私の時間がいちいち中断される。

彼の休日は、だいたい私は仕事だし私は全くもって干渉していない。

 

③金銭問題

別にお金持ちの男じゃないとイヤだという事はない。でもお金が「あまりない」っていうのも疲れる。気を使うし、かと言って自分が出すのも違う。たまには出すけど。

彼の家庭の事情で、経済的に厳しいのは知っているので、今さらなんだけど。

 

④一人で行動したい問題

飲みに行ったり、映画を観に行ったり、食事に行ったり、何でも一人でやりたい。いつも一人がいいわけではなく、たまにそういう時があるのでそうさせて頂きたいが、何となく彼が悲しげになって卑屈になるのが面倒。

 

とりあえず今感じていることはこんな感じ。

40過ぎると女は恋愛に対してドライになっていくのかな。

若い頃はこんな事思うようなタイプじゃなかったんだけど。

とにかく、もう少し適度に距離を置きたい感じ。

「ちょっとでも一緒に居たい(ハート)」な彼氏は、いつも一生懸命に私のことを考えてくれているけど、「相手が幸せかどうか」っていう部分が欠けていて、私からすると自分本位に見えて仕方がない。

 

私は彼と(誰とも)結婚を望んでいないから、恋愛に関してはその先に何かカタチにするような展望はなく、ただひたすら今を楽しく、人として成長が出来て、お互いがお互いのために良い関係であればいい。

 

まぁ、①~④に書いたことは、私がハッキリ言えばいいだけの事なんですけどね。

「これが私です!イヤならどうぞ、さようなら」って(笑)

 

精神的にも経済的にも肉体的にも男に依存せずに生きていきたい・・・ん?

 

(ここから振り返り)

・・・なんか、書いてるうちに結局は自分の問題な気がしてきました(笑)

彼のせいにしたいだけですね、これは。

結局これって彼に甘えていることと同じですね。

めっさ依存してるし・・・。

もっと内観しなくては。

さんざん不満書いちゃって、記事にするのやめようかとも思いましたが、こういう幼稚な思考がまだ、自分にあるって事も勉強だと思って残します。

 

ここ数日の間に、(彼以外の事で)色々あったので、心がザワついているのは確かです。

こういう時こそ静かに、やれる事を一生懸命にやる!

ジタバタせずに、今やるべき事をやる!

 

以上、不満からの反省。

ひとりごとでした。

それでは、また。