きちんとやりたい。

40代バツイチ、ニラタマ子。お婆ちゃんになる前に海外移住するのが夢です。

アウトプットのレベルはゼロに等しい。

昨日は、2回目の英会話レッスンに行ってきました。

1回目よりも力が抜けてリラックスして臨めるかな・・・と思いましたが、そうも行かず・・・。

 

宿題や、20個覚えたフレーズを頭の中で繰り返しながら張り切って行ってきました。

 

確か、1回目の先週は祭日でした。

今日は平日、もちろん仕事が終わってからの受講です。

 

やっぱりですね、この歳になってくるともう、夕方には脳が疲弊しています。

仕事を終えた私の脳みそは、油が切れた機械みたいにギスギスと音を立てている状態なのです。

仕事が休みだった先週と、仕事を終えてからの今日とでは全く違いましたね。

いつもならビール片手にyoutubeを見ている時間に勉強するんだから、脳みそは「!!!」って感じでしょう。

 

そして一番思ったのは、「書く・読む」がいくら出来て、文法をおさえているつもりでも、実際に口に出して言うのは非常に難しく、これは文法理解の問題というよりも、もはや「慣れ」と「感覚」だなって事です。

 

例えばテキストなどで勉強している時、主語が三人称単数なら動詞に「s」が付くとか、普通に当たり前に考えなくたってわかります。

でも、空で言おうとすると出来ないんですよ(私だけ??

そういう基本的な常識的なことさえスッ飛んでしまって、areかdoかも迷ってしまう。

目で見ないと英文の構成がわからないんですね。

 

先生は

「慣れてくると、Sheが主語で動詞のplayにsが付いてないそのに違和感を感じる。アナタが今、目で見てそれに違和感を感じるように、耳が慣れれば同じように感じるはず。」

「目で見ると、パズルのようにその仕組みがわかるけど、普通に会話をしながらその感覚を掴むには少し時間がかかるわ。頑張りましょう、基礎は出来てるんだから、あとはいかに慣れていくか、それだけ!」

と、言ってました、英語で。(私の解釈が正しければ)

 

確かに、第二言語習得ってそう簡単なわけもないですよね。

最初からペラペラ喋れたら誰も苦労はしないわけですし。。

 

ちょっと落ち込んだけど、これで自分のアウトプットレベル?がわかりました。

あとはもう前進のみ。

まずは自分で英文を作ってみること、そして書き出してみること。

文法的に問題がないか先生にチェックしてもらいながら、どんどん英文の作成に慣れていく。

出来れば日記的なものを英語で書いてみる。

最初は1文だけでもいいから、とにかくやってみて続けてみる。

そしてレッスンの時に先生に添削してもらう。

 

先生が毎回レッスンを

「What' new?」

から始めるのは、そういう意味もあるんですね(気づくの遅い)

「ア・・・・アーイ・・アイ・・・アイ ウエントゥー・・・もにょもにょ」

とか言ってないで、しっかり答えられるようにしよう。

 

せっかく安くないお金を払ってやるのだから、もっと積極的に自発的に行動しなければなりません。

レッスンを受けているってだけで、何かを達成した気になってたら一生英語は習得出来ないです。

今のところ週1回のレッスンなので、残りの6日間をどう学習するかで、1回のレッスンの質が変わると思います。

 

とりあえず意識してアウトプットに励もうと思います。

 

それでは、また。