きちんとやりたい。

40代バツイチ、ニラタマ子。お婆ちゃんになる前に海外移住するのが夢です。

まだ考えていた。

金曜日まであと2日です。

今までも、そして今も、様々な思いがグルグルしているわけですが。

でも一つ、わかった事がありました。

 

相手のせいではない。

 

やっぱりここに辿り着く。

全ては私の中にあるものの問題だという事。

 

私はきっと、今回の相手のことを心の底から嫌っていたわけではなかったんだと思います。

 

どこか自分と相通じる部分があったり、はたまたそれは、自分には出来ない奔放さだったり、素直さだったり、羨ましさだったり。

 

でなければ、こんなに悩まないです。

どうでも良くって、サヨナラForever出来るなら、ここまで引きずらないわけです。

 

きっと私は、本当は彼女を好きだったんでしょう。

本当は仲良くしたかったんです。

本当は最後まで、笑い合いたかったんですね。

 

でも、同じくらいに許せない部分もあって。

きっと自分と似てるから。

でも、会社を経営する立場としてそれを認めるわけにはいかないし、心底ムカムカしていたわけですが、本心はそんは彼女の自由さが、羨ましかったのだと思います。

そんな風に生きれたら、どんなに楽だろうって、羨ましがりながらも見下していたんですね。

見下すことが、自分の自尊心を保つ方法だったんです。

 

やっと自分の心を解放できました。

やっと、です。

 

もうあと2日しかないので、もう実質的にはサヨナラForeverなのですが、心残りはありません。

 

今月に入ってからの日々は、本当にしんどかった。

特にここ数日、彼女と全く言葉を交わさなくなってから、とても苦しかったです。

 

でも今、ずっと見て見ぬ振りをしていた自分の事を認めることが出来て、楽になったような気がします。

 

あと2日。

現状は変わらないのだけど、ちょっと気持ちが楽になりました。

 

 

 

一寸先は闇。

人って、こんなにたくさん居るのに、誰一人100%合致する人は居ないって不思議ですね。

顔も、声も、体温も、指紋も、全部全てが違う。

どこか似ていても、やっぱり違う。

 

そんな事、誰でも百も承知でわかっているのに、それなのにどうして争うのでしょうかね。

 

違うことはわかっているんだから、あとは何処に妥協点を見つけるか、何処で折り合えるのか、それだけなのにですね。

 

根本はすごくシンプルなはずなのに、どうしてこうも上手く行かないのでしょうか。

 

人間だからですか?

 

人間だからこそ、根本的な部分をわかったいるのに。

 

なーんか、何もかもが無意味に感じて、自分の無力さや、不可抗力みたいな、絶望みたいな、そんな事を感じてしまう。

 

それが、今日です。

 

こんな日があるんですね、たまに。

私には悪い癖があって、こんな日はそれが顔を出します、出しました。

すぐに押し戻しましたけど。

 

人は誰も弱くて強い。

弱いという、強さ。

最強だと思います。

私は弱いの、、、と、言えちゃう人。

 

こんな事、書いてる私も同類かな。

 

寝て、気を取り直して頑張ります。

それ以外にないので。

暗くてすみません。

とりとめのない思考。

昨日、英検準2級のテキストの問題を少しやってみたら、予想外に正解できた事が嬉しすぎて、浮かれてその後ロクに勉強しなかったニラタマ子です、ダメだわ。

 

不正解ばかりでもモチベーションが下がって勉強が手につかないし、正解しても調子に乗ってビールを飲みだす始末。

真剣みが足りていませんです。

 

平日の朝は、時間が限られているので「あ、もうこんな時間・・・」ってなって、「今日が休みだったらもっとたくさん勉強できるのに。。」って思うんです。

でも実際に休みの日になると、時間がたっぷりありすぎて逆に集中できません。

 

ホント、休日の勉強法が課題です。

このままでは何年かかっても英語をものにすることが出来そうにないです。

 

これでも、平日の朝に勉強することを習慣化できたのは私的には凄い事です。

朝が大の苦手で、今のように何も考えなくても朝の勉強ができるようになるまで、結構長い時間を試行錯誤して迷走しました。

 

就寝時間、起床時間、朝食、身支度。

この4つの組み合わせを色々やってみては失敗し、今のリズムに定着するまでに2か月くらいかかりました。(長い

勉強していない頃は毎朝7時まで寝ていましたが、今はやっと6時15分に起きれるようになりました。

最終的には5時30分起床が目標です。

 

その日の体調に波もあって、アラームが鳴っても起き上がれなかったり、起きてもすぐに動けなかったり、テキストを開いても全然頭が回らなかったりと、毎日が思うようにいくわけではありません。

でも、少しずつ「より良い生活習慣」を身に付けていきたいものです。

それがまた、心の安らぎにも繋がっていくのではないかと考えています。

 

若い頃は滅茶苦茶で無謀な生活をしていましたし、それでも若さゆえ、身体は何ともありませんでした。

でもその若さも、今ではもうありません。

その代り、「自分の心身の声を聴く」ことが出来るようになってきました。

 

大人になれば、自分に厳しく鞭を打たなければならない時もあるでしょう。

涙をこらえて生活しなければならない時もあります。

でも人生、そういう時ばかりではありません。

疲れたら休む!誰が何と言おうと休む!

自分に甘く、人様には寛容に。

 

ホルモンバランスとの闘いでもある40代。

それでもまだまだ私は可能性を信じています、自分の。

 

そんな事を考えながら、今日も1日頑張ります。

 

日曜の昼下がりからの晩酌と、明日からの心構え。

f:id:niratamako777:20170820180333j:image

 

16時位からビール飲んだりしてました。

最近は、彼氏が忙しくて、夕食を準備する必要がなかったので、そうなると自分の為には殆ど料理しません。

 

野菜室のナスとピーマンがギリギリな感じだったので、冷凍庫でギリギリだった豚肉と一緒に甘辛く炒め煮にしました。

 

何もかもギリギリです。

 

料理はどちらかと言うと得意なのですが、必要に迫られないとやりませんね。

得意だけど好きではないってやつです。

割と何でも冷蔵庫にあるものでチャッチャと作ります。何のアピールでもありませんが。

 

こう言う時に一人暮らしは気ままでいいですね。

家ではいつでも自分本位。

 

収入があって家賃が払えれば誰でも手に入れることが出来る自由だと思います。

 

明日から1週間、ここを乗り切れば、さらにまた心が解放されると信じています。

それまではもう無理をせずに、逃げて済むところは逃げ、避けて済むところは避ける。

 

英語学習にも集中しながら、楽しい事は全力で、臭いものには蓋をする。

 

そんな1週間になりそうです。

 

人はみんな、生きていれば色々あるもの。

だからこそ、そこには必ず学びがあると思っています。

苦しい時も、無駄ではありません。

 

そう自分に言い聞かせながら、明日からの5日間を乗り切りたいと思います。

 

 

彼女について最後に思うこと。

もう私のメンタルを蝕む要素ですらなくなった人の話ですが。

来週いっぱいで退職が決まっている従業員。

怒りも、恐怖も、不安も、今ではほとんど無くなりました。

 

最近では、彼女を見ていると、「可愛そう」と思えてくるようになりました。

きっとこの人は、人生が充実していないんだろうなと。

 

私は彼女に対して怒りや不安を感じていた頃(つい最近までそうでしたが)、その闇から抜け出せたのは、いつも私に寄り添っていてくれる友人や彼氏の存在でした。

友人一人一人に事の詳細を話してはいませんが、人間関係でモヤっている私に、静かにいつも寄り添っていてくれました。

 

そういう存在があったから、彼女の事で心が荒んでしまった時にも、「私は十分に満たされている」と思えて、気持ちを切り替える事ができました。

 

会社での彼女の存在が、私の人生の主役ではないし、私の大事な部分は彼女によって消えてしまうものでもない。

彼女に奪われるものは何1つない。

彼女の事で嫌な思いをしたとしても、それは私の中の1ミリくらいのもので、それよりもっと楽しい事や大切な人や暖かい場所がある。

 

彼女の人生が実際に充実しているのか否か、そこは知りません。

でも、たとえ会社が大嫌いで死ぬほど辞めたいと思っていたとしてもですよ。

その他のプライベートが充実していれば、別にわざわざ残り少ない勤務日数の中でトゲトゲする必要もないですし、ムスッとしながら1日事務所に居て、他の人に気を使わせる意味もないわけです。

仕事以外で癒しや楽しみや平穏があるわけですから。

 

それが出来ない人というのは、やはり満足していないのでしょうね。

あと数日を、大人として社会人として気持ちよく過ごせないというのは、自分の中の怒りや不満、もしくは不甲斐なさを、他人のせいばかりにして内観していないから。

彼女の場合は会社のせいでしょうか。

もしくは私個人にも何かあるのかもしれません。

真相はどうであれ、今の彼女の姿は哀れです。

 

人のふり見て我がふり直す。

 

心がザワザワしている時ほど、意識して口角を上げてみる。

今回の事で、私は学ぶことができました。

 

来週の金曜日まで心穏やかに、周りの人に感謝しながら過ごしたいと思います。

 

 

 

 

 

ミスチルを聴きながらたわいもない話。

ずっとミスチルが好きで、結婚している頃は旦那さんとよくコンサートに行きました。

 

今はなかなか行けませんが、ミスチルの歌はいつ聴いても良いです。

 

今夜もワインを飲みつつ、YouTubeでリストを聴いています。

切なくて、悲しくて、嬉しくて、前向きで、純粋で、真っ直ぐ。

どの歌も、そう感じます。

 

恋に目覚める時も、恋愛をしている時も、それ以外の人間関係で苦しんでいる時も、生きることに迷いを感じている時にも、ミスチルの歌は心に沁みます。

 

あまり誰かの熱狂的なファンである事は少なかったけれど、ずーっと何だかんだ横道に逸れながらも聴き続けたアーティストです。

 

ちなみに今の彼氏は、付き合いたての頃に私がミスチルが好きだと言ったら、俺も好きだと言って死ぬほどミスチルの曲を聴きまくっていましたが、カラオケに行くと、ミスチル独特の「詰まり」気味な歌詞について行けず、今でも歌えていません(笑)

 

ミスチルを聴くと、前の旦那さんとの記憶がどうしても蘇るわけなのですが、こういう気持ちもまた、大切なのかもしれないと思います。

人は誰でも過去があって今があるわけですから、音楽や景色や匂いなどで過去の記憶は無意識に蘇るものですよね。

前は、そういう自分を「私は何て醜い人間なんだ!」って否定していましたが、今はもうそういう自責の念も薄らぎました。

 

40年以上生きていれば、色々あります。

良いことも、良くないことも。

どちらも揃って、丸っと私。

私なのだから、私であるしかないのです。

 

ミスチルの歌の力かな。

少しずつ、自分を許していけてるような気がします。

 

テキスト1クール終了しました。

今日から通常運転です。

連休中に、やっと英語のテキスト1冊1クールを終えました。

ほんのり達成感です。

今は今後の学習計画を考え中です。

2クール目は、日を空けずにさっさと取り組む方が良いと思うので、今週中にはまた再開するつもりです。

 

今日、仕事の外出中に、ちょっと時間が出来たのでブックオフを覗いてみました。

別に何も買うつもりはなかったのですが。

 

 

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

 

 

買ってしまった。。。

1000円だったもので、つい。。。

以前「Forest」を買った時に、これと迷ったんですね。

今日店頭でパラパラと見てみたら、例文が面白くてニヤニヤしてしまいました。

イラストや説明文も簡素でありながら独創的と言いますか・・・何となく欲しくなってしまいました。

「Forest」すら読破していないのに、、、どうするんだ、自分。。

「持っている事で満足」みたいな感覚になりそうで怖いです。

しばらく、英語学習は自分の持っている教材だけでやっていこう(当然だ)。

 

それから今後はもっと積極的にアウトプットを意識しながら勉強を進めていきたいと思います。

アウトプットと言っても、この田舎で周りに外国人は居るわけもなく、英語を話す機会は皆無なので、自分で適切な方法を模索しなければなりません。

英会話教室も、子供向けのものしかないし、先生ナビで検索しても2人しか登録している人は居ませんでした。

 

いつも勉強する時は、なるべく声に出して例文を読むようにはしています。

スカイプなどを使えるようになれば、オンラインでそういうチャンスも掴めない事もないのかな、、、など。

 

スピーキングとライティングは、近い将来、私にとって試練になるのではないかと思っています。

 

何の学習でも、ダラダラと何年もかけてやるのは良くないと言いますね。

私にはまだ切迫性もないし、目的意識もハッキリしてないし、まだまだ甘いのかな。

でも英語の勉強は好きです。

 

マイペースにやるのが一番かな、とも思ったり。

人それぞれですね。