きちんとやりたい。

40代バツイチ、ニラタマ子。お婆ちゃんになる前に海外移住するのが夢です。

アウトプットのレベルはゼロに等しい。

昨日は、2回目の英会話レッスンに行ってきました。

1回目よりも力が抜けてリラックスして臨めるかな・・・と思いましたが、そうも行かず・・・。

 

宿題や、20個覚えたフレーズを頭の中で繰り返しながら張り切って行ってきました。

 

確か、1回目の先週は祭日でした。

今日は平日、もちろん仕事が終わってからの受講です。

 

やっぱりですね、この歳になってくるともう、夕方には脳が疲弊しています。

仕事を終えた私の脳みそは、油が切れた機械みたいにギスギスと音を立てている状態なのです。

仕事が休みだった先週と、仕事を終えてからの今日とでは全く違いましたね。

いつもならビール片手にyoutubeを見ている時間に勉強するんだから、脳みそは「!!!」って感じでしょう。

 

そして一番思ったのは、「書く・読む」がいくら出来て、文法をおさえているつもりでも、実際に口に出して言うのは非常に難しく、これは文法理解の問題というよりも、もはや「慣れ」と「感覚」だなって事です。

 

例えばテキストなどで勉強している時、主語が三人称単数なら動詞に「s」が付くとか、普通に当たり前に考えなくたってわかります。

でも、空で言おうとすると出来ないんですよ(私だけ??

そういう基本的な常識的なことさえスッ飛んでしまって、areかdoかも迷ってしまう。

目で見ないと英文の構成がわからないんですね。

 

先生は

「慣れてくると、Sheが主語で動詞のplayにsが付いてないそのに違和感を感じる。アナタが今、目で見てそれに違和感を感じるように、耳が慣れれば同じように感じるはず。」

「目で見ると、パズルのようにその仕組みがわかるけど、普通に会話をしながらその感覚を掴むには少し時間がかかるわ。頑張りましょう、基礎は出来てるんだから、あとはいかに慣れていくか、それだけ!」

と、言ってました、英語で。(私の解釈が正しければ)

 

確かに、第二言語習得ってそう簡単なわけもないですよね。

最初からペラペラ喋れたら誰も苦労はしないわけですし。。

 

ちょっと落ち込んだけど、これで自分のアウトプットレベル?がわかりました。

あとはもう前進のみ。

まずは自分で英文を作ってみること、そして書き出してみること。

文法的に問題がないか先生にチェックしてもらいながら、どんどん英文の作成に慣れていく。

出来れば日記的なものを英語で書いてみる。

最初は1文だけでもいいから、とにかくやってみて続けてみる。

そしてレッスンの時に先生に添削してもらう。

 

先生が毎回レッスンを

「What' new?」

から始めるのは、そういう意味もあるんですね(気づくの遅い)

「ア・・・・アーイ・・アイ・・・アイ ウエントゥー・・・もにょもにょ」

とか言ってないで、しっかり答えられるようにしよう。

 

せっかく安くないお金を払ってやるのだから、もっと積極的に自発的に行動しなければなりません。

レッスンを受けているってだけで、何かを達成した気になってたら一生英語は習得出来ないです。

今のところ週1回のレッスンなので、残りの6日間をどう学習するかで、1回のレッスンの質が変わると思います。

 

とりあえず意識してアウトプットに励もうと思います。

 

それでは、また。 

 

目標を達成するために今、私に必要なこと。

英語学習を進めていく上で、時系列的にきちんとした目標を立てようと思いました。

3月から独学で英語学習を始めて約7カ月、今月からプライベートレッスンにも行くことになり、英検の受験も予定しています。

ダラダラとマンネリ化しないように、計画的に学習する必要があると思いました。

 

目標と言っても、頭で考えるだけだと漠然としすぎていて現実味がないので、もっと自分のテンションが上がるような方法を考えています。

 

例えばビジョンアートみたいな、自分の目標や計画を写真や絵で表現して、それをまとめて1枚のアートにして飾ってみるとか。

私には絵心が全くないので、適当にネットで拾った写真や絵で作ろうかと。

切り貼りしてコラージュしてく作業は何だか楽しそうです。

 

それから、いつも持ち歩くノートのページに書き出しておく。

ToDoリストみたいに、達成したら見え消しで消していくという方法も達成感があっていいかなと思います。

 

来年の2月に英検の準2級を受けようと思っていて、それに合格したら来年中に2級に挑戦したいと考えています。

2級はかなり難しくなりそうなので、心折れないためにも段階的なステップを自分で決めて、小さな一歩の積み重ねを実践していきたいと思います。

 

最近は毎日の学習の重点を「単語力をつける」ことに置いています。

100個も200個もの単語を毎日覚えていくのは不可能ですが、1個とか2個とか3個とか、毎日テキストを見て目に触れて繰り返すことで覚えていくことは可能です。

単語を覚えるのは気の遠くなるような作業に思えて、ずっと苦手としてきましたが、一歩ずつ着実にやっていけば、いつかは身になるのかな・・・と最近少し実感してきています。

 

英語学習も単語と同じで、一歩一歩少しずつ、でも着実に。

幸にも、英語を勉強していて「イヤだなぁ・・・」と思うことはありません。

やりたい事、好きな事をカタチにしていく、その努力もまた楽しいですね。

このモチベーションを保つためにも、そして今よりもっと効率を上げるためにも、自分の目標の実現に向けて具体的に意識していきたいと思います。

 

私なりの目標設定、実現へのステップ、これから考えていきます。

 

それでは、また。

 

やる気はあるけど、海外ドラマは面白い。

英検準2級を受ける方向で英語学習を進めているのですが、2級と準2級の違いについてネットで色々調べていたら、かなりレベルの差があるように感じました。

2級から格段に難しくなるようですね。

私は自分のレベルがどの程度なのか全くわからないのですが、準2級程度の文法問題ならだいたい解けるといった感じです。

英作文や面接の部分はこれからレッスンに通いながら慣れていこうと思っています。

 

先日の初回レッスンで、先生から「次回までに何個でも良いので覚えてきて」と言って渡されたプリント。

そこには20個の英語のフレーズとそれの日本語訳が書いてありました。

 

先生は「5個でもいいし、10個でも、それは任せます」とのこと。

 

レッスンを受けることを決めて、月謝とテキスト代を支払った私は今、最高潮に英語学習への意欲が高まっているところでありますので。

張り切って20個、読んで書いて、彼氏に日本語読んでもらって私が英語で言うっていう問題形式してもらって、完璧に覚えました。

 

でも、最初があまり勢いが良すぎると、イヤな予感もしない事はないのですが。。

 

いつもほとんど勉強は朝だけでしたが、ここ数日は夜も単語学習やシャドーイングっぽい事もやるようになりました。

こんなに勉強してる自分・・・死期が近いのではないかと。

 

さらに、英語学習に効果的だと言われている海外ドラマも観ることにしたのですが。

選んだのが「リベンジ」。

面白すぎて、英語どころじゃなくなりますね(意味なし

超~ハマってしまい、普通に観てます(笑)

先生には「フレンズ」が英語学習にはオススメだと言われましたが、時すでに遅し。

「リベンジ」にどっぷりハマってしまいました。

一応、ところどころセリフを意識してはみるものの、なんせ一瞬一瞬が大事なドラマなので、モタモタしてると大事な場面を見逃してしまう訳です。。

 

まぁ、これは仕方ないのでとりあえず普通に観ることにします(開き直った)

 

そんなこんなで、今は英語の勉強と「リベンジ」が楽しい毎日です。

仕事は少し立て込んでいるのですが、低空飛行でやり過ごします。

 

それでは、また。

 

 

加熱式タバコgloで1週間。

タバコをgloに変えて1週間が経ちました。

特筆するような体調の変化はありません。

ただ、やはり吸い心地が軽いためか、すこし本数が増えたように思います。

でもまだ1週間なので、ただ単に「gloが吸いたい」っていう好奇心のようなものかもしれません。

 

1週間吸ってみて、改めてメリットとデメリットを考えてみました。

もちろんこの1週間、普通のタバコは1本も吸っていません。

 

(メリット)

・灰が出ないから場所を汚さない、灰皿が要らない

・火で燃やさないので、吸ってる途中、何処にでも一時置きができ、煙も出ない

・指がタバコ臭くならない

・喫煙所で吸っている時、なんとなく自分がクリーンな存在のような気がする(錯覚)

非喫煙者と会う時にタバコの臭いを気にしなくて良い

 

(デメリット)

・吸いたいと思ってから実際に吸えるまでに時間がかかる

・吸殻が長すぎる。

・灰皿以外でゴミとして捨てる時、熱が冷めるまで待たなければいけない

・ボヤッとしてるとすぐに終わってしまう

・デカくて重いので、咥えたり指で挟んで持ったり出来ない

 

こんな感じです。

もっとあるけど、細かすぎてニュアンスの表現が難しいです。

総合的には、gloに変えて良かったと思っています。

私の場合は最近英会話スクールに通い始め、先生のお宅にお邪魔する際に、普通のタバコほど臭いを気にしなくて済むのが良いです。

あと、吸った後のネオスティックは結構熱いので、すぐにビニール袋などに捨てると溶けて穴が開いたりするらしいので、私は冷ましてから捨てています。

 

 

最近このケースを買いました。

でも、ストッパーが何もないので、逆さまに持つとスポッと抜けて本体が落ちることもしばしば・・・

見た目はとても可愛くなりましたが、知らない人が見ると増々「何を飲んでるの?」って感じになりました。

 

今後は少し本数を減らすように意識したいと思います。

じゃないと、非常に不経済です。

特にgloは、吸い心地が軽い上に、連続で吸う事が出来るので危険ですね。

 

gloについては、また1カ月くらい経ったらレビューを書きたいと思います。

それでは、また。

英会話プライベートレッスン第一回目。

先週決めてきた英会話スクールに、本日初回で行ってきました。

 

50分間、もう、汗だく(笑)

当たり前の事すら、頭が真っ白。

isかdoesかわからない(笑)

典型的なド緊張でした。

 

半年間、独学で半信半疑でやってきた勉強が役に立ったのか、レッスンは割とスピーディーに進めることが出来たと、先生が言っていました。

 

普段、孤独に勉強していることって、本当は複雑でも何でもなくて、会話をするためのツールに過ぎないんだなって実感しましたね。

一人で英語学習していると、すごく専門的で難解な事を覚えようとしている気がするけど、実際の会話はとてもフランクで、使う文法なんて知れてるし、要は伝わればいい。

 

海外旅行でコミュニケーションが取れるようになりたい!という程度なら、高いお金を払ってマンツーマンのレッスンを受ける必要はないですね。

お値段お安めのグループレッスンで、コミュニケーションそのものを楽しむようにやれば習得できると思います。

 

私がグループレッスンを選ばなかったのは、より専門的に、願わくば人に教えれるような英語力を身に付けたいと思ったからです。

 

半年前はただ漠然と海外移住という夢のために、ただ何となく英語が必要なんじゃないかと思っていただけでした。

でも勉強していくうちに、やはりもっと力をつけたい、ただ会話が出来ればいいんじゃなくて、きちんと身につけたい、

そう思うようになりました。

 

この歳になって、自分で決めて自由に学べるというのは、本当に有難いことです。

この出会い、このチャンスに感謝して、明日からまたコツコツ頑張ります。

レッスンで宿題も頂いているので、復習と合わせてやっていきます。

 

マンネリ化しつつあった英語学習に新しい風が入ってきたみたいで、新鮮な気持ちでやれそうです。

ヤニ汚れが気になる。

ふと思い立って、台所の窓を拭きました。

加熱式たばこに変えてから、これまで当たり前だったヤニ汚れが気になりだして、ちょこちょこ掃除してます。

 

台所の窓は、いつもタバコを吸ってた換気扇のすぐ近くにあります。

当然、ヤニ汚れが酷いだろうと思ってました。

 

酷かったです。(まんま

 

わりと掃除はマメで、いつ誰が来ても整っている方ですが、窓は死角。

パッと見ただけではわからない。

拭いてみてビックリ。

3度拭きしましたが、まだ汚れが残ってそうです。

 

この家に住んで2年、台所の窓はほとんど拭いたことがなかったかもしれません。

 

北側だけど、陽のよく差す大きな窓。

もっとマメに掃除しなきゃな。

加熱式たばこでも、多少のヤニ汚れは付くそうです。

 

ここまで来たら、完全に禁煙すればいいのに、、、って思いますが。

それは考えてません。

酒とタバコ。

やめたくもないけど、やめられない。

でもヤニ汚れはイヤです。

部屋がタバコ臭いのも、車がタバコ臭いのもイヤです。

人間のタバコ臭は平気なのですが。

 

まぁ、でも、何でも綺麗なのは気持ちが良いし、掃除することで気持ちもリフレッシュ出来ます。

gloに移行して良かった点の1つです。

(グチ)悪夢がよみがえる。

以前書いていた退職した人のこと。

9月一杯の退職で、実質は8月末日までの出社でした。(9月は有給消化)

今日は10月5日。

 

9月中旬から退職に関する書類発送の準備はしていました。

社会保険喪失届(年金事務所)

・健康保険・厚生年金保険喪失連絡票(退職者)

雇用保険喪失届(退職者)

離職票(退職者)

源泉徴収票(退職者)

 

10月3日に退職者から保険証の返却が郵送でありました。

その日のうちに年金事務所に保険証を添付して喪失届を発送。

うちの会社は、最後の賃金(9月分)の支給が10月下旬です。

ですがそれを待っていたら、退職者に何度も書類を発送する手間になります。

しかも、「早急にお願いします」的な文章が保険証と共に入っていたので、

私としても一刻も早く書類を発送して、縁を切りたい。

そもそも「早急に・・・」と言われる時点で不本意

 

税理士さんにお願いして、9月分の賃金をその人の分だけ出してもらい、明細書と源泉徴収票を出してもらって受け取りに行ったのが昨日。

離職票は最終賃金の欄だけが空欄、それ以外の書類は事前に書いていたので、保険証が返却された時点で完成していました。

昨日、税理士さんから明細書と源泉徴収票を受け取ったその場で、離職票に最後の賃金を書き入れて、その足で職安に行き手続き。

 

事務所に戻って、全ての書類をまとめて発送準備が整ったのが17時3分前くらい。

今日の朝イチで郵便局にて発送しました。

 

今日は10月5日、退職日から5日。

 

今日、午前10時頃、私の携帯にSMSでメッセージが入りました。

その退職者からです。

 

「保険証は郵送で返却したはずですが早急にお願いした〇〇、〇〇、〇〇・・・うんぬんかんぬん・・・」

 

文章が文字数オーバーで途中で途切れていましたが、要は書類が届いてない、まだか。

という内容でした。

 

えっと、今日は10月5日。

退職日は9月30日。

はぁぁぁあああ?!?!?!どんだけ???

 

はらわたが煮えくり返る思いで「今日発送しました」と返信。

ムカムカして、考えれば考えるほどに、どんどん腹が立つ。

プルプル震えるした手でグローをセットして喫煙所へ行きました。

 

あの人の退職以来、これらの書類について、私自身異常に構えていました。

ミスってはならぬ。

慎重に、かつ迅速に。

何度もやりとりする事があってはならぬ。

1度でスッパリ縁を切れ。

 

まさか退職日から5日で催促されるとは。

発送した後だったから尚更。

携帯にメッセージを受信すること自体がイヤでした。

返信するのもイヤ。(今考えれば、明日には届くのだから返信しなくても良かったな)

 

約1カ月ぶりにドロドロしたものが心の中でパンデミック

 

脳内を切り替えて、この怒りを早く手放そう。

あんなクソみたいな人間の事で私が穢れてはいけない。(言葉づかい)

もう、ホント。

本当にイヤ。

あの人の名前を口に出すのもイヤで、この事を誰かに話す気にもなれず、たまらずここに書いてます。

 

今はちょっと落ち着いて、書類に不備などがないように、それだけです。

もう二度と、連絡が来ませんように。

もう二度と、思い出すことがありませんように。

 

以上、さんざんな愚痴でした。