きちんとやりたい。

40代バツイチ、ニラタマ子。お婆ちゃんになる前に海外移住するのが夢です。

誕生日に感じた事。

誕生日がありまして、私の。

沢山の方からお祝いをして頂きまして、本当に幸せでした。

 

もう祝うような年齢でもないのですが、皆んなに優しい笑顔で拍手されながら祝ってもらうのは、いくつになっても嬉しいものです。

 

たまに卑屈になって、世の中を斜めに見たりして、眉間に皺を寄せたりしていますが、こうして人の優しさに直に触れると、私は本当に幸せなんだなーと感じます。

 

愛されているか、という事は、誰しもにとってその人生の質を左右するものです。

 

でも、愛されている、という事に、「こうでなければならない」という定義はなくて、それは自身が感じていれば良いものです。

 

自分の幸せは自分が感じるもの。

他人に見せてその価値が上がったり下がったりするものではないです。

誰の評価も無しにして、自分がそう感じていればいい。

 

幸せって、手に入れるものではなくて、自分が感じるだけのもの。

人と比べて卑屈になるのは意味がない。

 

そんな風に感じる事ができた誕生日でした。

42歳。

まだまだこれから人生を楽しみたいです。

無気力と借りたドラマのお話。

無気力で体調不良の日々が続いています。

ホルモンバランスのせいでしょうか。

 

休日はゆっくり眠れるので、いつも待ち遠しいのですが、生活リズムが崩れてしまい体調がすぐれない事が多いのです。

 

昨日は1日ずっと家の中に居ました。

メダカさんの水替えと、軽く家の掃除をした程度で、英語のテキストを開くこともなく終わりました。

 

先日、とある友人の男性から『信長協奏曲』というドラマのDVDを借りました。

私は普段、テレビは見ませんのでドラマもほとんど知らないのですが、「ゼッタイにハマるから観てみて!!」と、半ば強制的に手渡されました(汗)

 

まぁ、何でも観だせば面白いのは解ってるのですが、特に興味もなかったドラマを観るというのがなかなか億劫で、しばらく観ずに放置しておりました。

 

すると「観た?」「観てる??」というLINEが来る(笑)

「いや、まだ観てない。。」と返すと、「えーーーーっ!!観る気ないやろーー」と、若干キレ気味。

 

もう、こういうのが大嫌いなんですよね。

面白いドラマを私に見せたいのではなく、「俺」がハマったドラマを観て「ハマったーーー!!」って言ってもらいたいっていうか。

「褒めて?ねぇ、ほめて?」っていう犬みたいな面倒臭さ。。

 

例えば人にあげた物を、その後どうやって使っているか、便利か、どれくらい使っているか、ってのをいちいち聞いてくる人いるじゃないですか。

「ねぇ、アレどうだった?俺のチョイス良くない?すごい?エライ?」っていうヤツ。

超絶キライなんです、そういうの。

 

それで、そのドラマも全く観る気も失せてしまったのですが(そもそも興味ない)、昨日の夕方、なんか得体のしれない強迫観念に襲われまして(笑)

やっと2話まで観ました。。

つ、つ、つ疲れたーーー。

 

物語自体は面白いと思いますよ。

涙あり、笑いありで。

 

でもそういう「親切の押し売り」みたいなの、嫌いですね。

 

 「気の向いた時にでも観てみてよ、面白いから」ぐらいでいいと思います。

相手に手渡した時点で、その後の事は相手に委ねて自分の価値観は手放した方がいいと思います。

 

こう書いていると自分もそういう場面(自分の価値観を相手にゴリ押しする)があったかもしれないし、相手への気持ちは自分への戒めなんだって感じます。

 

そんなこんなで、今夜も『信長協奏曲』を観ようと思います。。

ホント、ドラマ自体はとても面白いと思いますので、観ていない方は是非・・・

説得力ありませんが。。

 

 

 

 

 

restart.

やっと職場での憂鬱が晴れた先週の金曜日。

いつもの居酒屋さんで、いつもの温かい人たちと、いつもの乾杯をしました。

何も言わなくても、全部わかってくれているみたいに気遣ってくれて、本当に家族みたいな優しい人達。

本当に有り難い存在です。

 

土曜日は友達が家に遊びに来てくれました。

親友です。

職場でのことがあってから、ストレスのせいか体重が落ちてしまい、久しぶりに会った彼女に驚かれてしまいました。

「食べなきゃダメだよ!」と言われ、二人でピザを食べました。

夕方に来て、23時過ぎまで話しました。

彼女の事、私の事。

本当に有り難い存在。

 

その他、彼氏や職場の人も私を気遣ってくれました。

なんて有り難いことなんだろうと、胸が熱くなりました。

プラスのことに目を向けて、それに感謝しながら生きていかないといけないなと、つくづく感じました。

 

色々あったけれど、もう少し時間が経って、いつの間にかそれら全てを許せていればな、と思います。

私は満たされていて、周りの人たちに支えられていて、心から感謝しています。

だから、いつまでも怒りの感情や恨みつらみを抱えていたくないです。

そういう感情は出来るだけ早く手放して、起きたことも、相手の事も、そして自分自身の事も許していきたいと思っています。

 

今日から心機一転、新しいスタートのつもりで頑張ります。

 

今朝のas soon as。

As soon as I arrived at my work she handed me her resignation.

Her abrupt manner deceived me.

 

2つ目の文章は機械の翻訳そのままです。

 

私が職場に着くや否や、「これお願いします」と無表情に駆け寄ってきて、書類一式を渡されました。

まるで手りゅう弾でも投げたみたいに、彼女はクルッと踵を返してこっちの反応は全く無視でした。

 

「すげーーーーなんだコイツ・・・」

 

あまりの衝撃に、一瞬カーーーーッッと頭に血が上りましたが、自分なりに冷静になろうと試みた結果、「as soon as~」が浮かびました(笑)

 

この状況はまさに as soon as だわ。

こういう時こそ、怒りをパワーに変えて英文を作ってみようではないか。

 

ってだけの話です。

as soon as って便利ですね(ニコリ

 

英検準2級テキストをやってみる。

 2か月前くらいに買って放置していたこのテキスト。

英検準2級をひとつひとつわかりやすく。 新試験対応版

英検準2級をひとつひとつわかりやすく。 新試験対応版

 

 

今週は朝の勉強にこちらを使っています。

 

確か、買った当時にパラパラと練習問題を眺めて、「あぁ・・・わからない。。」と思った記憶があります。

あれから2か月ほどが経過した今、気を取り直してやっているのですが。

 

意外と出来てる・・・感。

 

単語や言い回しも、関係詞も不定詞も、今までやってきたあの不満タラタラのテキストによってなのか、「何これ…知らない」みたいな事がほとんどありません。

 

これは、少しは学習の効果が?出て?る?の??

 

かれこれ5カ月やっている英語学習。

ここで何も成果が出ていないのもおかしな話なのですが。

そもそも私が今勉強しているレベルはまだまだ基礎レベルなので、これくらいで喜んでいるようじゃダメなんですけどね。

 

でも、うれしいです。

 

超単純脳細胞なので、この程度のことでモチベーションが上がってしまいます。

調子に乗って電子辞書を買っちゃおうかなーなんて妄想しています。

 

このテキストは薄いので早めに終わらせて、最初のテキスト2クール目に入りたいと思っています。

 

上のテキストは、本当にひとつひとつわかりやすく作ってあると思います。

このテキストだけで英検準2級レベルに達せるのかどうかはちょっと疑問ですが、ある程度の基礎を身に付けてから、最終的な確認作業としてこのテキストを使うには良いのではないかと思いました。

 

CDが2枚ついていて、1枚を車の中で今朝聞きましたが、すごい読み方に抑揚があって笑えました(笑)

 

 来年、準2級を受けてみようかな・・・と、うっすら思っております。

TOEICも受けてみたいけど、まだ自分のスコアを知るのは怖いです、低すぎて。

英検の勉強とTOEICの勉強は、それぞれテキストも違いますし、方法や対策にも違いがあると聞いていて、私は今どちらかと言うと英検向きの勉強なんじゃないかな、と感じています。

 

何はともあれ、これからもコツコツ続けていきます。

 

 

 

 

 

 

まだ考えていた。

金曜日まであと2日です。

今までも、そして今も、様々な思いがグルグルしているわけですが。

でも一つ、わかった事がありました。

 

相手のせいではない。

 

やっぱりここに辿り着く。

全ては私の中にあるものの問題だという事。

 

私はきっと、今回の相手のことを心の底から嫌っていたわけではなかったんだと思います。

 

どこか自分と相通じる部分があったり、はたまたそれは、自分には出来ない奔放さだったり、素直さだったり、羨ましさだったり。

 

でなければ、こんなに悩まないです。

どうでも良くって、サヨナラForever出来るなら、ここまで引きずらないわけです。

 

きっと私は、本当は彼女を好きだったんでしょう。

本当は仲良くしたかったんです。

本当は最後まで、笑い合いたかったんですね。

 

でも、同じくらいに許せない部分もあって。

きっと自分と似てるから。

でも、会社を経営する立場としてそれを認めるわけにはいかないし、心底ムカムカしていたわけですが、本心はそんは彼女の自由さが、羨ましかったのだと思います。

そんな風に生きれたら、どんなに楽だろうって、羨ましがりながらも見下していたんですね。

見下すことが、自分の自尊心を保つ方法だったんです。

 

やっと自分の心を解放できました。

やっと、です。

 

もうあと2日しかないので、もう実質的にはサヨナラForeverなのですが、心残りはありません。

 

今月に入ってからの日々は、本当にしんどかった。

特にここ数日、彼女と全く言葉を交わさなくなってから、とても苦しかったです。

 

でも今、ずっと見て見ぬ振りをしていた自分の事を認めることが出来て、楽になったような気がします。

 

あと2日。

現状は変わらないのだけど、ちょっと気持ちが楽になりました。

 

 

 

一寸先は闇。

人って、こんなにたくさん居るのに、誰一人100%合致する人は居ないって不思議ですね。

顔も、声も、体温も、指紋も、全部全てが違う。

どこか似ていても、やっぱり違う。

 

そんな事、誰でも百も承知でわかっているのに、それなのにどうして争うのでしょうかね。

 

違うことはわかっているんだから、あとは何処に妥協点を見つけるか、何処で折り合えるのか、それだけなのにですね。

 

根本はすごくシンプルなはずなのに、どうしてこうも上手く行かないのでしょうか。

 

人間だからですか?

 

人間だからこそ、根本的な部分をわかったいるのに。

 

なーんか、何もかもが無意味に感じて、自分の無力さや、不可抗力みたいな、絶望みたいな、そんな事を感じてしまう。

 

それが、今日です。

 

こんな日があるんですね、たまに。

私には悪い癖があって、こんな日はそれが顔を出します、出しました。

すぐに押し戻しましたけど。

 

人は誰も弱くて強い。

弱いという、強さ。

最強だと思います。

私は弱いの、、、と、言えちゃう人。

 

こんな事、書いてる私も同類かな。

 

寝て、気を取り直して頑張ります。

それ以外にないので。

暗くてすみません。